FC2ブログ

England's best pipe value

Friar #979

Friar979_1Friar979_2
最近は昔の米国製のパイプも多くなってきましたが、それでも普段使うパイプは昔の英国製のモノに落ちつきます。特にSasieniあたりでヴァージニアを吸うとそんな気が。そんな感じでパイプ置き場の奥にあったこの#979を久々に出してきて吸ってみました。

Friar979_3
#979はFour-dotのタウンネームで言うところのDanzey。しかし、、この形はシェイプ名をどう呼称して良いのか毎度悩みます。一般的に言えばRhodesianだと思うのですが、各社呼称がバラバラです。そもそもSquat BulldogがRhodesianと呼ばれる契機となったのはLoeweがロードス島風という意味でRhodesと名づけたのが由来らしいのですが、そのLoewe自身はこのシェイプにRhodesian Kendalという名前を付けています。ComoyとcharatanのカタログにはそのままRhodesianと出ていますね。GBDはBent Bulldog、DunhillはBent Rhodesian、KaywoodieならSquat Bulldog, Bentといった具合。ここまで呼称が統一されていないシェイプも珍しいと思います。まあ、ここは普通にRhodesianと言ってしまっていいのかもしれません。

Friar979_4Friar979_5
刻印はこの通り。Number Prefixの"9"が付いているので、比較的古いものなのだと思います。

Friar979_10
この面には謎の刻印も入っています。

Friar979_6Friar979_7
Friarは他に一本持っていますが、どういう訳かステムの材質はやや他のグレードと異なっているように思えます。ヴァルカナイトには違いないと思うのですが、噛んだ感じも硬く変色もほとんどありません。そんな訳で使い心地はあまりよくありません。

Friar979_8Friar979_9
グレインはまあまあですが、ステインはなかなか渋い感じです。しかし、、かっちり作られたボウルですね。至るところが肉厚かつシャープな造り。そのせいか重量もやや重く感じます。

Friar979_12
今回もせっかくなので、レストアし直してから吸ってます。タバコは最近またよく吸っているEsoterica Dunbar。やはりなかなか美味いパイプだと思います。たぶん、単純な甘さでは戦前のKaywoodieの方が甘いですが、甘過ぎないので普段使うにはこのぐらいが丁度良いのかもしれません。ただ、どうにも使いづらいのが難点。銜えづらいステムはどうにもならず、やはり使う機会は少ないです。シェイプは格好良いだけに残念な点ですね。

Friar979_11
同じFriarの#987と比べてみました。しかし、どちらもシャープな造りです。これはこのグレードのみの特徴なのでしょうか、他のグレードより肉厚かつ直線的な感じがします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sqbull.blog120.fc2.com/tb.php/77-9db0df68

 | HOME | 

Calendar

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

sq

sq

主にSquat Bulldogの収集がメイン
高級なものは無いけど、良いモノを揃えていきたいです。
sq_bull+yahoo.co.jp <+→@>