fc2ブログ

England's best pipe value

モールクリーナー雑感

cl1.jpg
暑くなってきましたがあいかわらずパイプ三昧の日々です。なにかと更新が滞り気味なこのブログですが、これからは徐々にペースを上げていきたいところです。とりあえず今回はありそうであまり無い話題、モールクリーナーについて書いてみます。

今やパイプの必需品と言えるモールクリーナー。喫煙後にコレを通す習慣が無かった時代は煙道がヤニで埋まるなんてことは喫煙量の多いスモーカーにとっては日常茶飯事だったらしいですが、このクリーナーが普及したおかげでその手のトラブルは過去のものとなりました。

日本国内の喫煙具店で良く見かけるものとなると、
・ツゲ
・ローランド
・ブッ ショカン
・サビネリ
・ダンヒル
・ピーターソン
まあ、こんなところでしょうか。
値段的にはダンヒル以外はほぼ似たような物です。そのダンヒルとて英国国内では3ポンド前後で売られているものですので、実質的にはどれも似たような価格の製品と言えます。
では、どのモールが優れているのか?となるとあまりそのような話題は聞きません。そもそも、私自身あまり気にして使っている訳ではありません。質の悪いモールであれば糸くずが煙道に残り不具合を引き起こすとの事ですが、今までそこまでのトラブルを起こした経験もありませんでしたし。しかし、何故かそう思いながらも手元には絶えず数種のモールがあるのですが。いい機会なのでそれらについて少しまとめてみます。

cl2.jpg cl3.jpg
まずはモールクリーナー専門メーカーであるアメリカB.J.Long社から出ているモール。今自分がメインに使っているモールがこれで、恐らくはアメリカから海外通販をしているパイプスモーカーにとっては最も身近なモールでしょう。高品質かつ低価格なのでユーザーが多いようです。日本でも一部の店舗で売られていますが、細い60本入りのSTANDARDは現状では国内最安値と言えます。
繊維の抜けが少なく、吸湿性も良いようですので現状では最も使いやすいモールの一つと言えます。針金が少し柔らかいので抵抗が大きすぎると途中で曲がりやすいのが欠点でしょうか。

cl4.jpg
同じB.J.Long社から出ているテーパー状のモール。太いモールを通す際に奥に進むにつれてステム側の抵抗が大きくて通し辛い、という問題に対する解決策としてこの手の太い方を頭に通すモールが作られた、と聞いた事がありますがそれが本来の用途なのかどうかはわかりません。むしろ他社ではこの形状の製品の方が多いぐらいなので、需要はかなりあるという事なのでしょうか。確かに、この形状であればいろいろなパイプに対応可能なのは事実なのかとは思います。

cl6.jpg cl5.jpg
ただどういう訳か同じB.J.Longの製品でもこのモールはアメリカ製ではなく台湾製です。そのせいかいつもの細かい綿ではなく、少々荒い感はあります(右が台湾製テーパー、左が米国製FLUFFY)。B.J.Longユーザーのほとんどが細かく毛抜けの少ないモコモコの綿を気に入って使っていると思いますので、そういう点を気にする方にはお勧めできません。

cl7.jpg cl8.jpg
これはピーターソン製のモール。製造国はイギリスです。これもテーパー状のモールですが、前述のB.J.Longよりは細かいような気はします。毛抜け、吸湿性はどちらも似たような物でしょう。

cl9.jpg cl10.jpg
サビネリの100本入り。どこで作られたものなのかは知りませんが、このモールは結構独特な質感ですね。ストレートで細く、固いですが、荒く毛抜けも多いです。100本入りとは言え、価格も少し高いでしょう。

cl11.jpg cl12.jpg
昔、ローランドから出ていたモール。今売られているローランドのモールはスイス製のようですが、一昔前はこの台湾製のモールが大抵の喫煙具店で売られていました。テーパー状で台湾製という点ではB.J.Longと同じですが、こちらの方が細かい綿のように見えます。使い心地は悪くないようです。

cl13.jpg cl14.jpg
これはマックバレンのノベルティ物。一部の喫煙具店では50本入りで販売されているようですが、それと同じものかどうかはわかりません。見ての通り荒いタイプで、あまり褒められた品質ではない、かと。

cl15.jpg cl16.jpg
ブッ・ショカンの緑パッケージ。意外なことにイギリス製のモールです。いわゆるブリッスルモールというような呼称で売られているタイプでチクチクする歯ブラシの毛のようなものが混じっています。ヤニを落としたいような時に使用するものでしょう。針金が固く、曲がり辛いのでなかなか使い勝手の良いモールです。ただ、吸湿性という点では普通のモールの方がいいでしょうね。

cl17.jpg cl18.jpg
最後は以前、イギリスのパイプスモーカーの出品物を落札した際にオマケで付いてきたモール。調べてみたところ、Cadoganグループが英国国内向けに出しているモールのようです。テーパーのブリッスルモールでなかなか品質は良いです。

cl19.jpg
さて、こうしてまとめてみると大まかに2つのタイプに2分されているような感はあります。これは単純に綿が細かいものと荒い物です。どれが一番いいモールなのか?という点においては個人個人で意見が異なると思いますので結論は出せませんが、大体2系統あるという点を頭の中にいれて置くとモール選ぶ際にわかりやすいかと思います。

私の好みとしては、やはりB.J.Longのスタンダードな物になります。価格的に一番安く、毛抜けも少なく、モコモコとした綿が丁度良く吸湿します。とりあえずここの細いのと太いのがあればほとんどのパイプはカバーできるでしょう。特に煙道が太いハンドメイドパイプを中心に吸っている方だと太めのFLUFFY1択という方もいるかと。
あと意外と良かったのはブッ・ショカンのモールでしょうか。固い針金が程よい弾力となっているようで、通しづらい曲がった煙道でも比較的簡単に通ります。これは一度普通のバージョンも試してみたいところです。

さて、今回のまとめはこんなところです。今後もいろいろなモールを試す機会があるとは思うので、意見は変わる可能性はありますが、今のところの自分の雑感としてはこのようになりました。なんといいますか、あまり気にして使っていた物ではありませんでしたが、こうして比べてみるとなかなか面白いものです。あまり高い買い物ではないので喫煙具店を冷やかした際にでも使ったことが無いモールを一つ買ってみるというのもパイプ喫煙の楽しみの一つ、と言えるのかもしれません。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sqbull.blog120.fc2.com/tb.php/146-d0a3c587

 | HOME | 

Calendar

« | 2024-03 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

sq

sq

主にSquat Bulldogの収集がメイン
高級なものは無いけど、良いモノを揃えていきたいです。
sq_bull+yahoo.co.jp <+→@>